> 白亜紀資料館HPトップ

 
島の自然ワークショップ
「前島の化石と嵐口のまち歩き」

島の自然ワークショップは、天草御所浦の豊かな島の自然をテーマに、毎年行っています。
今回は2019年3月23日に、嵐口(あらくち)地区のまち歩きや、前島での地層・化石の観察などを実施しました。
参加者は35名でした。


◆ ワークショップの様子 ◆

1.
開講式
の様子です。
市内外や県外から参加された方もいらっしゃいました。今回は総勢35名の参加でした。


2.
学芸員による前島についての
講話
がありました。
講話のなかでは、
アマクサゴショウラムカシウオのお話も。



3.
講話の後は
学芸員による資料館内の
解説がありました

嵐口地区へ移動し、まち歩き開始です!
漁村集落の裏路地『背戸輪(せどわ)』を、
御所浦ジオツーリズムガイドの
案内で巡ります。



5.
途中の石垣の中には
アンモナイトが!
化石がどこにあるか参加者で
探索もしました。


6 .
坂道を登り、旧嵐口小学校の校庭へ。
ここでも
化石を見ることが出来ます。

7.
旧嵐口小学校で見られる化石・
プテロトリゴニア・サカクライ(二枚貝)です。

8.
嵐口地区のまち歩き後は、前島へ。
ここは白亜紀のアンモナイトや貝の化石を
多く見ることができ、普段から地層中の化石を保護しています。
ここでは岩石や断層等の観察や、
アンモナイト、貝(イノセラムスなど)、
ウニといった化石の観察を行いました。




ワークショップ終了後、
港までの送迎は
海上タクシーです

スタッフの見送りに、
参加者は見えなくなるまで

手を振り返してくれました

参加された皆様、1日お疲れ様でした!
次回の参加もお待ちしています。

> 白亜紀資料館HPトップ