> 白亜紀資料館HPトップ

 
島の自然ワークショップ
「海の中のミクロな生き物たち ー小さなプランクトンを探そうー

天草御所浦の豊かな島の自然をテーマに、毎年行っています。
今回は平成29年3月19日に、
名古屋大学の須藤斎(いつき)准教授を講師に招き、
海の中に棲む小さな生き物の観察などを実施しました。
参加者は21名でした。


◆ ワークショップの様子 ◆

1.
開講式
の様子です。
市内外から参加者17名と
関係者4名の総勢21名の
参加でした。


2.
講師の須藤准教授に
プランクトンと珪藻化石の
講話
を午前と午後にそれぞれ
していただきました。



3.
野外に出て、御所浦港周辺で、
プランクトンネットを使って
浮遊するプランクトンの採集
をしました。

プランクトンネットで採集した
ものを
肉眼で観察すると、
小さな生き物が大量に入っている
様子が確認できました。



5.
歯ブラシを使って
海岸の石や港内の壁などから、
付着するプランクトンの採集
をしました。


6 .
採集したプランクトンは水ごと
ビーカーに入れ、室内へ移動。
その水を少し
ビーカーから
スポイトで吸い取り
ます。

7
スポイトから
数滴、
スライドガラスに垂らし、
カバーガラスを掛け、
プレパラートを作成しました。


8.
顕微鏡を使って観察すると
珪藻や有孔虫、ミジンコ類、
線虫、貝類の幼生など
様々な生き物が観察できました。




海上タクシーの送迎を行い、
スタッフの見送りに、
参加者は見えなくなるまで

手を振り返してくれました

観察できた御所浦のプランクトン類
※この他にも線虫や放散虫なども観察できました。


珪藻(2タイプ)



型の珪藻


棒型の珪藻


王冠型の珪藻


連結した形の珪藻

アンモナイト型の
有孔虫

トゲの生えた
有孔虫

カイアシ類
(ミジンコの仲間)


二枚貝の幼生

巻貝の幼生


観察した珪藻化石と現生の有孔虫


観察用に持ってきていただいた
珪藻化石

同じく
珪藻の休眠胞子の化石


現生の有孔虫
(土産品の星の砂と太陽の砂)


参加された皆様、1日お疲れ様でした!
次回の参加もお待ちしています。

> 白亜紀資料館HPトップ