> 白亜紀資料館HPトップ

プテロトリゴニア オガワイ
  • 産 出 地 :天草市御所浦町外平(採石場)
  • 産出層準:御所浦層群江の口層
  • 時  代:中生代白亜紀中頃
  • ------ (約9800万年前)

 御所浦島で最も多く見られるトリゴニア(三角貝)の一種です。これらのトリゴニアが多く見られる砂岩を「トリゴニア砂岩」と呼ばれ、密集した産状でよく見つかります。

ゴショライア クレニュラータ
  • 産 出 地 :天草市御所浦町黒崎
  • 産出層準:御所浦層群江の口層
  • 時  代:中生代白亜紀セノマニアン
  • ------ (約9800万年前)

 トリゴニア砂岩によく見られます。採石場跡地より運搬した岩石を利用した「トリゴニア砂岩」化石採集場からもよく採集されます。

イノセラムス アマクセンシス
  • 産 出 地 :上天草市龍ヶ岳町
  • 産出層準:姫浦層群下部亜層群
  • 時  代:中生代白亜紀サントニアン
  • ------ (約8500万年前)

 イノセラムスは日本の白亜紀を代表する化石の一つです。その中でもこれは巨大な種類で、座布団くらいの大きさがあります。大きなものは半畳以上にもなります。

イノセラムス ヒゴエンシス
  • 産 出 地 :天草郡龍ヶ岳町
  • 産出層準:姫浦層群下部亜層群
  • 時  代:中生代白亜紀サントニアン
  • ------ (約8500万年前)

 きれいな逆V字状の肋が特徴のイノセラムスで、泥岩から見つかります。熊本の昔の呼び名「肥後」にちなんで「ヒゴエンシス」と名付けられました。

トリゴニオイデス アマクセンシス
  • 産 出 地 :御所浦町外平(採石場)
  • 産出層準:御所浦層群烏帽子層
  • 時  代:中生代白亜紀アルビアン
  • ------ (約1億年前)

 川などの淡水にいた二枚貝で、V字の模様が特徴です。恐竜産地付近でこの化石がよく見つかることから、新しい恐竜化石産地の手がかりとなります。

二枚貝の足跡
  • 産 出 地 :御所浦町横浦
  • 産出層準:姫浦層群下部亜層群
  • 時  代:中生代白亜紀サントニアン
  • ------ (約8500万年前)

 プロトバーグラリアと呼ばれ、深い海にいた二枚貝の足跡が化石となった生痕化石です。砂岩泥岩互層で見かけます。かつては何の生痕化石かわかっていませんでした。

< 前のページ    次のページ >

> 白亜紀資料館HPトップ